認知症 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ?

認知症の看護師へ転職したい!知っておくべき5つのポイント

認知症の看護師へ転職したい人は、まずは認知症の看護師になるためには、必ず知っておくべき5つのポイントを確認しておきましょう。認知症の看護師になりたい人は、ぜひ参考にしてください。

認知症の看護師に転職するなら、認知症看護師の役割を知りましょう

認知症の看護師に転職したい人は、認知症の看護師の役割を確認しておきましょう。

認知症看護師の役割は、患者の権利を守ること

認知症の患者さんは自分で意思決定したり、自分の身を守るのが難しくなります。そのため、権利をないがしろにされて、虐待を受けることがあります。

また、家族の意向が強く反映されたり、医療者・介護者の都合が優先されたりすることもあるのです。

看護師は認知症患者さんの権利を守り尊重するために、認知症患者の保護者や代弁者としての役割を担っているのです。

認知症看護師は家族をサポートするのも大切な役割

認知症の看護師の役割は、家族のサポートをすることです。認知症患者の家族は、身体的にも精神的にも疲労しています。

そのため、家族の疲労度に応じて、社会資源を紹介したり、精神的なケアをしていかなくてはいけないのです。

認知症の看護師の役割は全身のアセスメントをすること

認知症の看護師は、患者さんの全身のアセスメントをすることも大切な役割です。認知症の患者さんは、認知症の症状ばかり注目されがちです。

また、認知症があるために、自覚症状を自分で訴えることができません。そのため、身体的な疾患を合併していても、発見が遅れてしまうことがあるのです。

認知症の看護師は患者さんをしっかり観察し、全身のアセスメントをすることで、異常の早期発見に努めていかなくてはいけません。

認知症看護師の役割は、認知症の悪化を予防し安全を守ること

認知症看護師の役割の4つ目は、認知症の悪化を予防して、患者さんの安全を守ることです。

認知症の患者さんは環境の変化や心理的要因によって、一気に症状が悪化することがありますので、看護師は環境の変化をできるだけ少なくして、さらに安心してもらうような工夫が必要です。

また、認知症の患者さんは転倒転落のリスクが大きいですし、入院時に持ち込んだはさみなどで思わぬ事故を招くリスクがありますので、看護師は患者さんの安全を守るために、注意を払わなければいけません。

認知症の看護師はチーム医療の中心になる役割がある

認知症患者の治療やケアは、多職種が連携を取って行いますが、看護師が中心となって、チーム医療を進めていくことになります。

認知症の看護師の役割については、「認知症看護師の役割5つ!これを意識して働けば、良い看護ができる!」で詳しく説明しています。

認知症の看護師へ転職する3つのメリット

認知症の看護師へ転職するメリットは3つあります。どのようなメリットがあるのかを、転職前に確認しておきましょう。

専門性を持つことができる

認知症の看護師に転職すると、専門性を持つことができるメリットがあります。これからは、看護師も専門性を持って、スキルアップ・キャリアアップしていくことが推奨されています。

認知症看護は今後需要がどんどん高まる分野ですし、認知症看護認定看護師などキャリアアップの道も開かれているのです。

向き合った看護ができる

認知症の看護ができる職場である認知症専門病棟や認知症対応型デイサービスや介護施設は、患者さんと数ヶ月以上、年単位でかかわりを持つことができます。

そのため、認知症看護師になると、じっくりと向き合った看護ができるのです。向き合った看護をしたいという看護師さんにとっては、認知症の看護師に転職することは、大きなメリットと言えるでしょう。

どこの職場でもスキルを活かせる

認知症の看護師に転職すると、どこの職場でもスキルを活かせるというメリットもあります。高齢者の増加に伴って、認知症の患者はどんどん増えていきます。

そのため、今後は認知症看護のスキルを一般病棟やクリニック、訪問看護などでも活かしていくことができるのです。

認知症の看護師のメリットは、「認知症の看護師のメリット3つを徹底解説!将来安泰かも!?」を参考にしてください。

認知症の看護師へ転職する3つのデメリット

認知症の看護師に転職する3つのデメリットとその軽減方法をご紹介します。転職する前に、デメリットを知っておくと、「こんなはずじゃなかったのに」ということを避けることができます。

精神的なストレスが溜まる→軽減法は?

認知症の看護師のデメリットは、精神的なストレスが溜まることです。オムツ外しやルートの自己抜去、徘徊などは患者さんは悪気があってしているわけではないので、怒ることもできません。

認知症だから仕方がないと思っても、やはりストレスは溜まります。

ストレスが溜まったら、自分なりのストレス解消法を見つけて、どんどんストレスを発散してださい。

暴言暴力のリスクがある→軽減法は?

認知症看護師のデメリットの2つ目は、暴言暴力のリスクがあることです。認知症の患者さんは、突然攻撃的になって、こちらは悪くないのに暴言を吐いたり、暴力をふるってきたりします。

このデメリットを軽減するためには、職場全員で情報共有をして、暴言暴力のリスクがある患者には2人以上で対応するようにしましょう。

暴言暴力の患者への対応は、「認知症の方から暴力をふるわれたら、看護師としてどう対応すべきか」で詳しく説明しています。

看護スキルが低下する→軽減法は?

認知症看護師のデメリットの3つ目は、看護スキルが低下することです。

認知症専門病棟や認知症対応型デイサービスや介護施設では、ほとんど医療行為を行いませんので、静脈注射や吸引等の看護スキルが低下してしまうのです。

このデメリットを軽減させるためには、認知症の患者さんが比較的多い急性期病棟へ転職すると良いでしょう。

認知症の看護師のデメリットは、「認知症の看護師のデメリットは何?知っておきたいデメリット3つと軽減法」を参考にしてください。

認知症の看護師への転職に向いている人、向いてない人は?

認知症の看護師へ転職を考えているなら、認知症の看護師に向いている人や向いてない人を確認しておきましょう。認知症看護は向き不向きが分かれる分野なんです。

認知症の看護師に向いてない人は、短気な人です。短気な人はどうしてもイライラしやすいので、あまり認知症の看護師には向いていません。

逆に認知症の看護師に向いているのは、次の4つのタイプです。

・おおらかな人

・マイペースで割り切れる人

・スキルアップ志向がある人

・お年寄りが好きな人

このような人は、認知症の看護師に向いています。ただ、性格的な向き不向きよりも認知症看護へのやる気や熱意が大切であることは忘れないでください。

認知症の看護師の向き不向きに興味がある人は、「認知症看護師の向き不向き。あなたは向いている性格、向いてない性格?」を参考にしてください。

認知症の看護師へ転職するなら、求人選びの注意点5つをチェックして!

認知症の看護師へ転職するなら、求人選びの注意点を確認しましょう。求人を選ぶ時の注意点は5つあります。

どんな施設で働くか

認知症の看護師の求人選びのポイントは、どんな施設で働くかです。認知症の看護師の職場には、次の4つがあります。

・介護施設

・認知症専門病棟

・認知症対応型デイサービス

・一般病棟

これらの職場はそれぞれ特徴が異なりますので、それぞれの特徴を考慮して、職場を選ぶと良いでしょう。

認知症看護師の職場の特徴や違いについては、「認知症看護師の職場はここだ!認知症看護を専門にできる職場4選」で解説しています。

どんな看護をしているか

認知症の看護師の求人を選ぶ時には、どんな看護をしているかを確認しましょう。理念や方針では高尚なことを唱っておきながら、実際は虐待に近いような看護・介護をしているようなところもあります。

逆に、理念や方針通り、個別性を大切にし、患者の人権を守るような看護・介護をしているところもあります。

認知症看護は職場によってどのような看護をしているかが異なりますので、具体的な看護・介護の内容などを確認してください。

夜勤は何回くらい入るのか

認知症専門病棟は夜勤回数の制限はありません。介護施設も同様です。そのため、認知症看護ができる職場では、夜勤回数が一般病棟よりも多くなることがあります。

具体的に、1ヶ月に何回くらい夜勤に入るのかを確認してきましょう。

資格取得支援制度はあるか

認知症看護師の求人を選ぶなら、資格取得支援制度があるかどうかを確認しましょう。

認知症の看護師の資格には、次の4つがあります。

・認知症ケア指導管理士

・認知症ケア専門士

・認知症看護認定看護師

・老人看護専門看護師

この中で、特に認知症看護認定看護師と老人看護専門看護師は経済的にも、勤務シフト的にも職場の支援がないと資格取得が難しいので、キャリアアップを目指すなら、資格取得支援制度があるところを選びましょう。

認知症看護師の資格の詳細は、「認知症の看護師の資格4選!キャリアアップの道を教えます!」で説明しています。

看護師と介護士の関係は良好か

認知症看護師の求人を選ぶなら、看護師と介護士の関係は良好かどうかを確認しましょう。認知症看護師の職場のほとんどには、介護士が配置されています。

認知症患者の看護をスムーズに進めるためには、介護士の協力が必要不可欠ですので、認知症の看護師の求人を選ぶ時には、看護師と介護士の関係が良好なところを選ぶようにしましょう。

認知症の看護師求人を選ぶ時の注意点は、「認知症看護師は求人選びを失敗しない!求人選びの5つの注意点」で詳しく解説しています。

まとめ

認知症看護師に転職する前に知っておくべき5つのことをまとめました。認知症の看護がしたい人は、ご紹介した求人選びの注意点を考慮して、求人を探すようにしてください。

認知症の看護師へ転職したい人は、転職サイトを利用すると良いですよ。転職サイトなら、担当コンサルタントが親身に転職の相談に乗ってくれるので、あなたの理想に合った認知症看護の求人を見つけることができるのです。

認知症 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ?

このページの先頭へ