認知症 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ?

認知症の看護師のメリット3つを徹底解説!将来安泰かも!?

認知症の看護師のメリットには、どんなものがあるのでしょうか?認知症の看護師の3つのメリットを説明していきます。認知症看護を専門にすると、将来安泰かもしれませんよ!

認知症の看護師のメリット=専門性を持てる

認知症の看護師のメリットの1つ目は、専門性を持てることです。これからは、看護師も専門性を持つべき時代になります。もちろん、ジェネラリストとしてなんでもできるようになることも大切です。

でも、一通りなんでもできるようになった上で、「私はこれができます!」という分野を作っておくと、今後の看護師キャリアにおいてとても有利になるのです。

認知症看護は、高齢者がどんどん増えていく日本ではどんどん需要が高まる看護分野で、認知症ケア専門士や認知症看護認定看護師、老人看護専門看護師などキャリアアップの道も開けています。

認知症の看護師として経験を積んでいけば、専門性を持つことができ、将来はいろいろな職場から引っ張りだこになるかもしれません。

そうしたら、今よりもずっと好条件の職場に転職することも十分に可能なのです。

認知症の看護師のメリット=向き合った看護ができる

認知症の看護師のメリットの2つ目は、向き合った看護ができることです。

認知症の患者さんは同じ「認知症」と言っても、症状が人それぞれ違います。何より、認知症にもいろいろな種類があります。

看護師さんにわざわざ説明するまでもないとは思いますが、アルツハイマー型認知症のほかに、脳血管性認知症、前頭側頭葉型認知症、レビー小体型認知症があり、それぞれ特徴・症状が異なるのです。

そのため、認知症の看護をする時には、1人1人に合わせた個別性のある看護をする必要があります。

個別性のある看護をするためには、長期間にわたって患者さんとじっくり向き合う必要がありますよね。

認知症の看護は、一般病棟でもできますが、主に介護施設や認知症専門病棟、認知症対応型デイサービスで行います。

この3つの職場では数ヶ月単位、場合によっては年単位で患者さん(利用者さん)と接していくことになります。

そのため、認知症の看護師は1人1人の患者さんとじっくり向き合い、個別性のある看護をしていくことができるのです。

「1人1人の患者さんとじっくり向き合い、個別性のある看護」を理想の看護としている看護師さんは多いと思います。認知症看護は、看護師の理想とする看護ができる職場なのです。

認知症の看護師のメリット=どこの職場でもスキルを活かせる

認知症の看護師のメリット、3つ目はどこの職場でもスキルを活かせることです。

認知症看護の経験を積み、それをずっと深めていき、キャリアアップするのも良いですが、認知症看護の経験は認知症専門病棟や介護施設、認知症対応型デイサービスだけでなく、どんな職場でも活かしていくことができます。

日本は高齢者の数がどんどん増えていきます。2025年には団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になり、高齢者だらけになるんです。そうすると、介護施設だけでなく医療施設も高齢者が多くなります(もうすでに多いですが…)。

高齢者が増えれば、必然的に認知症患者も増えますので、認知症看護の経験があり、認知症患者にはどのように接したら良いのか、どう看護したら良いのかを知っている認知症の看護師は重宝されるのです。

一般病棟でも回復期リハビリテーション病棟でも、クリニックでも、訪問看護でも認知症看護の経験を活かして、働いていくことができるでしょう。

まとめ

認知症看護師のメリット3つをまとめました。認知症看護を行うということは、理想の看護をすることができる同時に、あなたの看護師キャリアを有利にしてくれるものなんです。

認知症看護師に興味がある人は、まずは「認知症看護師の職場はここだ!認知症看護を専門にできる職場4選」を読んでみましょう。

それから、転職サイトに登録して、認知症看護ができる職場の求人を探すと、スムーズに転職することができますよ!

認知症 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ?

このページの先頭へ