認知症 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ?

認知症の看護師の課題とは?

認知症の看護師の課題には、どういったものがあるのでしょうか?認知症病棟での勤務経験から、考えてみました。

認知症の看護師の課題 その1 「家族が「認知症を治すために入院した」と勘違いしてしまいやすい」

認知症の看護師の課題その1は「家族が「認知症を治すために入院した」と勘違いしてしまいやすい」ということです。

認知症病棟に入院したとなると、ほとんどの家族の方は「症状が穏やかになること」はもちろんのこと、「症状が改善する」ことを期待されます。

認知症は、進行を遅らせることは可能となってきましたが、進行を止まらせたり、認知症そのものを治すことはまだできません。

しかし、「認知症の治療」と言われると、「治すためにここに入院した」と思ってしまう家族の方が意外と多くいらっしゃいます。

そのため、入院しても少しずつ症状が進行していくことに対し、「なぜ進行していくのか」とその状況に納得できず、「この病院はきちんとした治療をしてくれない」と思ってしまいます。

病院側としても、看護師から面会の度に現在の病状について説明したり、主治医からインフォームドコンセントを何回か行い、認知症という病気についてから理解していただけるよう対策を講じています。

しかし、家族がなかなか納得できず、症状を穏やかにするためのお薬を調節している途中でも、無理やり転院や他の施設に退院させてしまう家族もいます。

認知症の看護師として、このようなことにならないよう、入院時から家族と密にコミュニケーションをとるとともに、認知症についての指導を行うことで、病院で行っている治療についても理解を求めていくことが必要であり、どのようにすれば理解を得られるか、という点では今後の課題となっています。

認知症の看護師の課題 その2 「違う認知症の方も同じ環境で看護をしなくてはいけない」

認知症の看護師の課題その2は「違う認知症の方も同じような環境で看護をしなくてはいけない」ということです。

認知症、と一言で言っても種類は様々です。アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症に加え、レビー小体認知症や前頭側頭葉型認知症などがありますが、それぞれ出る症状や対応の仕方は異なります。

アルツハイマー型認知症の方は、少しずつでも確実にできないことが増えていきますが、脳血管性認知症ではできるときとできないときを交互に行き来しながらゆっくり進行していきます。

レビー小体認知症では幻覚が激しくなり、私たちには見えないものが鮮明に見えているためにコミュニケーションがとりずらくなるなど、症状もそれに対する対応も異なります。

特に脳血管性認知症の軽症の場合は、一時的に意識が鮮明になることがありますがその時に重度の前頭側頭葉型認知症の方の人格崩壊の様子を見てしまうと、「とんでもないところに閉じ込められている」と思ってしまい、大きなショックを受けてしまうことがあります。

このようなことが起きないように、認知症の看護師としていかに患者さん同士の症状を見極め、それぞれに適した療養環境を整えるかが課題となります。

認知症の看護師の課題 まとめ

いかがでしたか?

認知症の看護は、患者さんに対してもそのご家族に対しても、密なコミュニケーションが何より大切となります。

また、認知症患者さんはどの病棟でもいらっしゃいますが、認知症のみを専門で見ている病院はまだ少なく、看護師個人が認知症を極めたいと思っても、なかなかできないのが実情です。

そこで、私がお勧めしたいのが認知症の勉強ができる病院へ転職することです。

私たち看護師には、「転職サイト」というサポートがあり、登録すると専門のコーディネーターが自分の希望にあった病院をピックアップし、履歴書の書き方や面接対策など、転職にまつわるあらゆることを無料でサポートしてくれるんです!

ぜひ、当サイトランキングから、認知症の求人に強い転職サイトへ登録してみてくださいね。

認知症 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ?

このページの先頭へ