認知症 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ?

認知症患者の家族に対し看護師ができること

認知症患者の家族に対し、看護師はどういったことができるでしょうか?専門病棟での経験も踏まえて、考えてみました。

認知症患者の家族に対し看護師ができることは、「家族の思いを聞くこと」

認知症患者の家族に対し看護師ができることは、まず「家族の思いを聞くこと」です。

認知症の方を看病するにあたって一番つらいのは、「元気なころと今を比べてしまう」ということです。

悪いことをして叱られた。優しい言葉をかけてくれた。一緒に旅行に行った。私たち看護師は認知症発症後の患者さんしか知りませんが、家族は違います。生まれたときから今までの、長い歴史を知っているのです。

そのため、家族のお話を傾聴し、思いを受け止めるとともに、患者さんのバックグラウンドを知ることでその後の看護に役立てる必要があります。

認知症患者の家族の中には、今の状態を受け止めることができない場合もあります。そのような時は受け止めを進めるのではなく、ゆっくりと時間をかけることが大切だと考えます。

認知症患者の家族に対し看護師は「無理に面会を勧めない」

認知症患者の家族に対し看護師は、「無理に面会を勧めない」という配慮も必要です。

特にアルツハイマーの末期や前頭側頭葉認知症の場合、人格崩壊となってしまっていることもあり、家族が症状を受け止めきれないことがあります。

実際に私が認知症病棟で働いていた時、前頭側頭葉認知症の方のご家族は必要物品などは頻回に届けに来てくださるのですが、患者さんご本人にはほとんど目も合わせずにいらっしゃいました。

「お母さんがあんな状態になったなんて信じたくないんです。会っても私のことを誰だって言うし。だったら、昔の元気なころのお母さんを私の中にとどめておきたいんです。」

どんな状態であれ、最終的に受け止めてもらうために面会を促した方が良い、と思われるかもしれません。

しかし、認知症とは不可逆的な病気です。そのため、認知症患者の家族に対し看護師として無理に面会を勧めないというのも、一つの家族への看護だと考えます。

認知症患者の家族に対し看護師は「患者さんのお話していることは本心ではない、ということを伝える」

認知症患者の家族に対し看護師は「患者さんの話していることは本心ではない」ということを伝えることも大切です。

認知症が進むと、ご本人はつじつまがあっていると思って話していることが、こちらとしては理解が難しいことがよくあります。

中には、「どうしてわかってくれないんだ!」と怒りだしてしまうこともあります。

そのため、患者さんの中ではつじつまが合っているために頭ごなしに否定しないこと。また、たとえ強い口調でののしられたりしたとしてもそれはご本人の本心ではないことを家族にお伝えすることが大切です。

認知症だと頭ではわかっていても、実際に言われるとショックを受けてしまうことは多くあります。

そのため、認知症の看護師として家族に適宜伝えることで、家族の負担を軽減することができるのです。

認知症患者の家族に対し看護師ができること まとめ

いかがでしたか?

認知症の看護においては、特に患者さんだけでなく家族に対してのケアも大切だということがお分かり頂けたかと思います。

そして、家族のケアについて積極的にかかわるためには、職場の環境を整えることも必要となります。

「もっと認知症の家族に対して看護を行ってみたい」「認知症についてもっと学びたい」そう思ったあなたに、私がお勧めするのが「転職サイト」を使っての転職です。

認知症を極めたいと思ったら、認知症の専門病棟で学ぶことが大切になるからです。

「転職サイト」を使えば、あなたの希望にあった職場をピックアップしてくれるだけでなく、面接や履歴書など転職にまつわる様々なことに対してサポートしてくれます。

しかも、それらのサポートを無料で受けることができるんです。ぜひ、当サイトランキングから、認知症の求人に強い転職サイトへ登録してみてくださいね。

認知症 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ?

このページの先頭へ